α7RIIはジョイスティックが無くても、瞳AFとロックオンAFで思ったより快適

特に何も考えずα7RIIを買ったボクは、使っててジョイスティックがないのにイラッと来てたんですね。でも瞳AFとロックオンAFを上手く手懐ければ問題なくなるどころか、ジョイスティックを使うより快適にAFポイントを移動させられるようになったので、今はとても満足してます。ぁ、高速で動くものは無理です、向かって来るクルマとか、横方向は行けるんですけどね、あとじっとしてられない子供なんかも試してないのでなんともかなー、そんな前提でお願いします

先ずはボディの設定
やることはシャッター半押しAFはオフにし、AF/MFボタンでAF-ON、C3ボタンを瞳AF-ON、AFはAF-C(コンティニュアスAF)、ロックオンAFでAFポイントはフレキシブルSで中央にしておく、この5点ですね。ついでにボクはコントロールホイール中央ボタンを露出補正を呼び出せるようにしてます。EVF見ながら積極的に露出補正を使うのでそうしてますが要らない人には要らないかも

そんな感じで設定し、人物を撮るなら、瞳AFボタンを押したままにしてAF-Cを動かし続ける→そのままカメラを振って構図を作る→シャッター全押しで撮影→瞳AFボタンを離す
こんな感じに操作すると、瞳AFボタンを押した時に瞳や顔をα7RIIが自動的に認識し、勝手に最適なAFポイントが選択されるんですね。そしてそのままカメラを振って構図を作ると、ファインダーの中で瞳や顔の位置が変わりますけど、動いた先で瞳や顔があるところのAFポイントをα7RIIが勝手に選択してAF-Cで動いてくれるんです
良いですよこれ。暗いとことかだと瞳や顔を検出出来なかったりするんですが、ちゃんと動いている間は「しかも脳波コントロールできる!」ってレベルで思った所にAFポイントが動いてピントを保持し続けてくれてるので、瞳AFが正しく動いている環境ではジョイスティックより便利ですし、像面位相差測距点も5D4より広いです
α9の瞳AFはこれより良く出来てるって言うんですから凄いですね

ロックオンAFも流れは同じです
ピントを合わせたい所を中央のAFポイントに入れる→AFボタン押したままAF-Cを動かし続ける→そのままカメラを振って構図を作る→シャッターボタン全押しで撮影→AFボタンを離す
こんな感じで操作すると、ピントが来て欲しい所をAF-Cで捕まえたままカメラを振って撮影できます。ただこっちは少々コツが居るというか、掴みにくい被写体や環境も多々ありますね。例えば暗い所だと瞳AFよりも粘ってくれないですし、明るい所でもナンバーのついてない車のバンパー先端とか、そういう単一色でノペーッとした被写体だと、AFでピント自体は来るのに構図を作ろうとカメラを動かすとロックオンできずにAFポイントが動いちゃいます。その辺は仕方ないですね。そういう時ボクは、最初から他の掴みやすそうな所を掴ませるか、中央でAFでピント合わせてからAFボタンを離してコサイン誤差を意識してカメラ振って撮影してます

ボクはオールドタイプな人間なので、最初はAFポイントはカメラ任せにせず自分で選択したいんだよー、だってEOS iTR AFとか微妙だったし、α7RIIのもどうせダメでしょ?って先入観の上に、α7RIIはジョイスティックないから399点の像面位相差AFポイントから好みの構図になるように選ぶ間に日が暮れるけど、なんでこんな方法でしかAFポイント選べないの?とか思ってたんですが、カメラが勝手にやってくれる機能で上手いことAFポイントの御し方を覚えたら、快適すぎてもうAFポイントをポチポチしながらの撮影には戻れそうもないです。まつ毛にピント合わせたいとか、そういうのは例によってピント部分を拡大してEVFで頑張る必要ありますけど、普通に撮るにはオート機能を上手いこと導いてやるだけで十分ですね

そんな良いじゃんってAFシステムですが、不満がないと言えばウソです。ロックオンAFはもっと粘って欲しいですし、瞳AFも右と左の瞳のどっちにピント来るかをファインダー覗きながら撮影者が選べたらパーフェクトでした。例えば瞳AFボタンを押しながらコントロールホイールの上下左右をクリックしてその方向にある瞳を選ぶとかそんなの。X-Pro2は予め右と左のどっちを優先させるか設定すれば、がんばって合わせてくれるんですが、あれはあれで一々メニューから設定してやらないとで面倒ですし、制限も色々ありますけどね…。ボクが知らないだけで、そんな設定あったりするのかな?