今月の自作PC

今月はM.2 SSDを増設しました
物はSamsung 960EVO形状はType2280です。OSは512GBのCrucial MX100に置いて、仮想マシンを960EVOに置いて使うつもりです。要はDドライブって感じの使い方ですね

X99 Taichiの1つ目のスロットに装着するとこんな感じ。CPUとGPUの間ですが、ファンの配置も良いのでこっちにつけて使います

2つ目のスロットにも合わせてみた所。こっちは見ての通りType22110まで対応してます。左側のゴールドの出っ張りはただ頭にシール貼ってあるだけなので、それ剥がせば雌ネジ出てきます

Windows10なら取り付けて電源を入れれば標準ドライバで認識します。ラクラクです
ちなみにメーカー謹製のドライバはここ、ボクはMagician Softwareはインストールしてません

CrystalDiskMark 5.2.0 x64で一通り測ってみました
Cドライブに使っているMX100

960EVO

Windows10でVMWare Workstation12 Playerを使い、MX100に置いたWindows10から実行

Windows10でVMWare Workstation12 Playerを使い、960EVOに置いたWindows10から実行

こう見るとベンチマークでは圧倒的に速いですけど、SATAのSSDと比べて体感出来るかって言われるとなんとも言えないですね。ストップウォッチ使って巨大なアプリの起動時間を測れば確かに違いは出ますがね。4K動画を快適に編集したいとか、非PlayerのVMWareならスナップショットの統合とか、そういう作業で体感出来るかもとは思いますけど、ボクにはちょっとオーバースペックかな。ただ容量同じで同一メーカーの物ならSATAとM.2のSSDで値段そんな違わないですし、M.2が空いてるならこっちにしない理由も特にないと思います
あと、ひたすらベンチマークを繰り返して負荷を掛けてもCrystalDiskInfo読みなら50度程度で、サーマルスロットリングは確認できませんでした。涼しい時期だったり、ファンが丁度いい位置にあるおかげなのかもですが言うほど問題ないかと思います。ヒートシンクは夏頃までに考えれば良さそうですね