LAG組んだらQNAPのTS-421が本気出した

QNAPのTS-421にWD Redの3TBを4つ入れRAID1+0を組んだところに、SMB3.0を署名無効化したMac mini本体のGbEで繋いで使ってたんですけど、これまではアクティビティモニターで見てても読み込み100MB/s、書き込み75MB/s程度だったんですよ。ググってベンチマーク漁ってみてもそんなもんですよね?
でもMac miniの本体とThunderbolt DockのGbEを2つでLAG組んだらTS-421が本気出しました

70GBほどの巨大なファイルを10GBほど書き込んだ辺りのスクショ。この瞬間の値なんですが書き込み速度は98.9MB/sでした。ちょっと早くなってますが本気ってほど?って感じですかね。今回は書き込んだファイルが大容量すぎちゃって話しが変わってくるかと思いますが、もっと小さいファイルだったら1GBしか積んでないメモリを増やせばちょっとは早くなるのかな?と思います

同じく70GBほどの巨大なファイルの読み込みで10GBほど読んだ辺りのスクショなんですが、どうやって算出してる値なのかわからんのですが、読み込み速度が283MB/sとかっていうGbE*2の理論値超えてねぇか?って値で、この値はスクショ撮った瞬間に跳ね上がっただけで正確な値とは言えないと思うんですけど、ボクが眺めてた間は少なくとも200MB/sを切らなかったです。ちなみにWD RED 3TBはカタログ150MB/sなので、ちゃんと2台から並行して読み込んでますね

どっちも瞬間の値なのでアレですが、LAG組んだ後は特に読み込みが体感でわかるくらい早いです。面倒で放置してたんですけど、こんな変わるならもっと早くLAG組んでおけばよかったですね