土合駅に行ってきた

日本一のモグラ駅こと土合駅に行ってみようぜーってことで行ってきました
深いとこにある駅と言えばボク的には大江戸線の駅です。新宿駅で延々とエスカレーター下るとなんか心細くなってきますよね?あれで深さ36.6m。大江戸線で一番深い六本木駅の大門方面行きのホームで42.3mらしいんですね。んで六本木駅で改札出るまで5分以上掛かる長い長いエスカレーターを登ってる時に、これより深い駅はあるんだろうか?って話題になり、ググってみると日本一のモグラ駅こと土合駅は下り線が地下70m、上り線と下り線のホームの高さの差が81mって感じで、六本木駅なんて大した事ないのか…、むしろこれ行ってみたいよね?ってことになり行ってきてみてきました

水上駅です。土合駅は群馬最北の駅で水上駅から上越線に乗り換えて行きます
ここまで自宅から新幹線&電車で2時間半ほどと、かなりのグッタリですよ。自宅→高崎駅は新幹線使って30分程度だったんですが、その先に延々と鈍行に乗るのが長かった。でもこんな所でも電化してくれてるおかげで、いつだかの丸一日乗ったディーゼル特急と比べると比較的マシではあったかな?

水上駅からはサクッと数分で到着。ホームは意外と暖かかったですね
docomoの電波は普通にありました。ただ当然ながらGPSは受信できなくてGoogle Mapsで記念のスクショを撮ろうにも現在地が変なとこ行っちゃっててなんか残念って感じでしたね

電車行っちゃいました
通る電車は日に数本しかなく、ボクらが乗ってきた下りが13時49分着で、次の上りは15時34分。要するに帰りの電車まで2時間ほどあります。谷川岳の麓なので夏場だと登山者向けに臨時列車が結構あるんですが、雪見たいよねーって感じだったので仕方ないですね

階段は合計486段登る必要があるのですが、その内の462段がこれ
めっちゃ暗いです。この写真でF4、1/20sec,、ISO12,800。夜間に1人で置いて行かれたら泣くライン。ちなみに看板に集札口まで10分って書いてありましたが、普段運動なんてしてないボクは途中のベンチで休んだりとかして余裕で30分ほど掛かりました

462段登った所の通路。もうなんていうか嬉しかった。駅の外に車を止めるスペースがたくさんあり、電車から降りる人は数人だったんですが、嫌に人が多くてドライブがてら見物に来るみたいな人の方が多いのかな?って感じですね
ちなみに外から見るとこんな感じ

通路からの景色、めっちゃ雪です。ボク的にはスキー場でしか見たこと無いレベルの雪

最後の486段目
なんていうかエスカレーターってスゲェわ…って感じでしょうか。登りきった頃には太ももがプルプルしてました

無人駅だけど精算はどうすんだ?なんて思ったらこんなのを降りる駅の改札に持ってけば精算してくれました。そっちの精算はSuica払いでOKです
ちなみに行きは自宅近くの駅からSuicaで入場したんですが、水上から乗った電車で車掌さんが回ってきて、端末でSuicaを読み込んで現金払いで精算でした。普段からカードかSuicaしか使ってなくて、結婚してから1度しか現金を下ろしに行ってないボクは、現金あったかな?って感じでちょっと焦りましたね

駅舎
雪が凄い…、久しぶりに雪遊びして楽しかったです

上り線のホーム。上越線の開業当初は単線だったのでホームはこっちだけだったらしいです。486段登って疲れてたからなのか単にホームが低いのかわかりませんが、電車とホームの段差は結構あるように感じました
上りのループ線にちょっと期待してたんですがいつの間にか終わってたって感じなので、そこに期待せず、関東→越後湯沢まで新幹線→土合→越後湯沢→関東の方がラクかもですね。ちなみにバスなんかもあるんですが、待合室は雪で埋まって入れない、バス停は雪の壁が出来てしまっていてどこかわからない、そもそも時間が合わないって感じでした