リブーターRPC-M2CSを買ってみた

前々からLANからコンセントを抜くレベルで電源を強制的にオンオフ出来る機材が欲しかったんですよ。上手く行ってる間はそうせずに済む便利な仕組みもありますが、遠隔操作で済ませるつもりなら最終的にはそこも欲しいじゃないですか?
単純にAC100Vのコンセントをオンオフするようなので、週間スケジュールとメールでオンオフ出来ればベストだけど、ブラウザからでも良いし、専用アプリならiOSまでならOKだけどAndroidとWindowsだと微妙って感じだったんですね。Wi-FiだとBelkinとかの安いのあるんですが、ボクは有線が好きなんですよ
でもそうなるとこれってのがなく、ボクの知識でもLANに繋いだArduinoでメールを受信し、サーボモータを動かして物理スイッチや赤外線リモコンを制御する程度は出来るので、Arduinoでフォトカプラとかリレーとか使えばAC100Vの制御も行けそうではありますが、AC100Vのケーブルを切って貼って制御とか燃やしそうで怖いし…ってことで棚上げしてたんですけど、必要に迫られたので買いました

物は明京電機リブーターWATCH BOOT nino RPC-M2CS。茶箱なのや付属品がアースだけっていう最小限なのは素晴らしいですね。これで良いんですよ
これでコンセント2つ、100Vで最大10Aをリモートでオンオフ出来ます。当初買おうと思っていた頃はRPC-M2Cって型番でしたが、いつの間にか末尾にSがついて新型になってますけど、細かい機能アップって感じですかね。大幅に変わったわけではないので、安いのが手に入るならS無しでも良いんじゃね?って気はします。オンオフをスケジュールやメールでやる以外に、PING監視とかWOLとかメールで状態を送ったり、telnet, http, メール, HTTPリクエストから色々操作出来る至れり尽くせりな感じですけど、サーバの死活監視がメイン用途なのかなーと。3万弱もする業務用ですが、ボクには必要十分以上ですし、手作り機器でAC100Vをイジるのはなんか嫌だったので良いんじゃないでしょうかって感じですね

死活監視もいらねぇ…とは思ってましたが、使ってしまうととても便利
面倒だなーって思うのは停電後に時間や電源の設定が飛ぶってくらいですね?内蔵電池がないのか、内部時計がないだけなのかわからんですが、コンセント抜くとメールとかIPとかの設定は残りますが時間の設定が飛びます。でもUPS後に使うのでそこはまぁ良いかな?設置場所変えるときにコンセント抜いたとかだと時間を設定し直すかNTPサーバーからの取得待ちになる程度ですね。TIME BOOTシリーズっていう型番がRSCで始まるのはスケジュラーと名付けられてて、そっちは時間もリセットされず、UPS連動とか年単位でスケジュールを設定出来たり、温度制御とか色々出来るので、色々遊べそうで面白げではあるんですけど、8万程度となるとボクの用途には高すぎちゃって…って感じですかね

そしてなにより、適当に設定すれば、メールを送ってコンセントをオンオフ出来るのがとても便利。メールに書くのもメール制御用のIDとパスワード、オンはPONn、オフはPOFn、リブートはPORnでnは1か2、そして最後にQUITとシンプルなメールでOK。ボクは専用のメアド作りましたが、IDとパスワードに書式も必要なので、適当なアドレスで兼用にしちゃっても良いと思う。そして操作出来たかもちゃんとメールで返信が来ます。専用機器って良いなぁ…と。値段以外気になる所はないって意味ではベターな製品だと思う。もうちょい安ければSOHOやパーソナル向けに広くオススメしやすいのでベストでしたかね?
使い方は詳しくはここで公開されている取説読んで下さい。わかりやすいですし、製品もシンプルなので、読んでわからないってことはないと思う。DEMOもありますしやってみても良いと思いますよ

自作機だったらRestore on AC/Power Lossとか、そんな項目を有効にしておけば、RPC-M2CSから電源をリブートすると勝手に起動するようにも設定出来ますし、RPC-M2CSと組み合わせるなら便利だと思いますよ
蛇足ですが、個人的にはWake On LANよりもintel AMTの方が便利だと思うんですけど、なんでもっと下まで降りてこないんですかね?Q系だけじゃなく、X系のチップセットで使わせてくれても良いと思うんだけどなぁ