さいたまクリテリウムに行ってきた

そういや近場なのに行ったこと無いよねー、行ってみようって奥様と話しをしていたら、S2000氏からも見に行こうと思ってるんだけどどう?って感じで誘われたので3人で行ってきました
S2000氏は変態です。相模湖まで自転車で走りに行くとか、乗鞍岳を登るレースに出てみたりとか、きっと修行僧かなにかに違いない…なんて思ったんですが、ボクの奥様は奥様で中国・四国地方を自転車で一周したとか、九州を自転車で一周してる最中に熊本から大分の別府温泉に行こうと阿蘇山を越えようとしたら、雪が降ってきてにっちもさっちも行かずにヒッチハイクしたとか武勇伝があるし、もしかして自転車は子供の頃にしか乗ってないっていうボクの方がオカシイのか?

駅の西側のけやきひろばと、東側の三菱マテリアル手前の大宮原子炉跡地の空き地に屋台がたくさん出てました。写真はCOEDOビール。ボクは赤いのがベストで次点は青なんですけど、呼び込みのお兄さんが今日みたいな暑い日には緑のがクリアな感じでオススメですよって言うので飲んでみましたが、ポップが強すぎて苦手だったかなー。なんていうかグレープフルーツサワーみたいな感じ

右京さん!
片山右京が表彰台に上がった頃のF1は最高に面白かったっていうなんか変なコピペが作られてる右京さん。全日本F3000の表彰台に上がった頃のF1…要は中嶋悟が走ってた頃のF1…は面白かったってことなのか、単に鈴木亜久里と間違えているだけなのか…。自転車のマナーとか安全について話していました

サイクルフェスタに置いてあった車両。前から見たらなんかあのゴルフII妙に背が高くね?って感じだったんですが、後ろから見るとカッコいい。ググってみたらゴルフ・カントリーって車種で、Wikipediaから引用すると

Syncroをベースに最低地上高を拡大したモデル。車高の高さとバックドアの外側にパイプ製のスペアタイヤキャリによる独特の外観を持つ。後にクロスオーバーSUVと呼ばれる車種の先駆け、と見る向きもある。製造はドイツではなく、メルセデス・ベンツ・Gクラスと同じオーストリアのシュタイア・ダイムラー・プフで行われていた。日本では1991年まで販売継続されたが、総輸入台数は110台にすぎなかった。

って感じのレア車です。ちなみにSyncroはビスカスカップリングのフルタイム4WDなゴルフですね

10時頃はガラガラで、最高気温が20度超えで日向だとTシャツでOKって感じの天候だったので屋台を巡って飲み歩いてたんですが、レースの始まる16時にはこんな感じの人出に…。2段高くなってる所があって普通に見れましたけど、近くで見たい人は朝から場所取りするなり個人スポンサーになってヤグラから見るなりした方が良いかと思います。超望遠レンズを抱えたガチ組の人たちは最前列で折りたたみ椅子を並べていましたし、ちゃんと見たいならそんな感じが良いと思いますね