α7RIIとレンズ補正アプリ

PlanarとPlanar

Planar T* FE50 F1.4 ZA + α7IIとPlanar T* 2/50 ZM + α7RII
FE50F1.4ZAはなんていうか違うんですよ。FE50F1.4ZAは素晴らしい写りでAFでもEOSより使いやすく、そこはとても気に入っているんですけど、5D4にEF50F1.2Lと同じサイズのカメラバッグが必要になってしまうので、当代きっての写りだからα7RIIを買ったわけではなく、コンパクトだからα7RIIを買ったボクの中では違うんです。わかりやすく言うと女子アナが好きって言って加藤綾子を例に上げるくらい違うんです。確かに可愛いとは思うけど女子アナってよりタレントカテじゃね?女子アナ好きを自称しといてそれはなくね?みたいな。そこはNHKの和久田アナを上げろよっていう、まぁそんな感じで違うんです
しかしZMカッコいいなぁ…。フォーカスリングがライカやキヤノンと同じ方向なのでMFでも使いやすいですね。ボク逆回転だととっさに撮ろうとするとどうもダメで、ピント合わせるのに時間が掛かっちゃうんです

オールドレンズでもExifにレンズ名を残す

方法は二通り

オールドレンズを使うときのボクの最大の不満はExifに名前を残すのが面倒ってことなんですよ。LRで管理するときとかExifにレンズ名が残ってるとラクじゃないですか。そこでオールドレンズとα7RIIでもExifに使用レンズだけでも良いから記録したいってことで色々ググったら、二通り出てきて、Macに読み込んでExifToolか、カメラ内アプリを使うかって感じなんですね
以前α7RやIIでLeica SUMMICRON 50F2, Voigtlander35F1.2, 同75F1.8の辺りを使っていた時はExifToolを使っていたのですが、カメラ内アプリ使うと便利じゃね?ってなったので、PSNアカウントから購入して試してみました

PlayMemories Camera レンズ補正アプリ

カメラ内アプリ??って感じかもですが、α7系はアプリケーションをインストール出来るんです。例えばアイセンサーに手をかざしてシャッターを切れるとかそんな感じで、かゆい所に手が届くアプリが結構あるんですよ。そんなの眺めてたら出てきたレンズ補正アプリ。今回はこれを使います
ちなみにアプリと言っていますが、なんて言いますか難しいんですけど、GUIを入れ替えるような感じになります。そんな感じで、素のままだと出来るけどレンズ補正アプリを使うと出来ないことも出て来るので、主な仕様をよく読んでからの購入をオススメします。それとアプリで設定出来る物は改めて設定し直す必要があります。例えばRAWで撮ってたのにレンズ補正アプリを動かすと、そっちでは初期設定がJPEGなので、RAWを使いたかったらMENUボタンから改めて切り替える…とか、そんな感じです。あと特に書いてはいませんが、α7RIIのファームウェア Ver.4.00とレンズ補正 Ver.2.41ならピーキングは使えました。ただピーキングの強さなどを変えたい場合はアプリを終了してから変更し、またアプリを起動する必要があります

このアプリ、ボクがα7Rを使っていた頃は広角のオールドレンズを使った時に周辺がマゼンタ被りをするのを補正するって使われ方でしたが、α7II系だと使える機能が増えていて、レンズプロファイルを作ってレンズ名を登録し、それを撮影前に選択して撮影すればExifへ書き出してくれるようになっています。素晴らしい…

そしてレンズ補正アプリ内でプロファイルに焦点距離も設定しておくと手ぶれ補正焦点距離とも連動してくれるんです。α7II系でオールドレンズを使う時は手ぶれ補正焦点距離を設定しないとでしたし、これなら負担なく使えてこれは便利じゃん…ってことで、今回はこっちでやってみることにしました

ちなみにここで設定した周辺光量や各収差の補正値はRAWでも適応されます。ボクはLRでやっちゃうのでその辺りのは使っていませんが、そっち方向でやりたい人には便利かと思います。カメラの動作がちと重くなりますが、それが許せるくらいよく出来ていますね

α7RIIでオールドレンズを使う場合はどうせ手ぶれ補正焦点距離は設定しないとなので、レンズ補正アプリから使用レンズを切り替えても同じことですしね。ちなみにプロファイルはカメラに100個、SDカードに200個まで保持出来るらしいです、数的にはこれで十分ですね
そんな感じで試しに1枚撮ってみたのをLRのライブラリフィルターから見てみた所。バッチリ表示されてます