車検とエキマニの焼け

車検

仕事してたらロードスターを譲った友人から電話が掛かってきましてね
友人「持ち込みで車検に来てるんだけど通らん」
ボク「なにで落ちてるの?」
友人「エンジン型番の刻印がないって言うんだよね」
ボク「は?そんなので落ちたの?初めて聞いたわ」
友人「やりすぎだからだろ」
ボク「すまん、心当たりしかない」
友人「検査ラインのオヤジさんが言うにはオイルレベルゲージの付け根って言うんだけど見つからないんだよね」
ボク「ヘッドの排気側じゃなかったかな?」
って感じで電話を通してアレコレやってたのですが、それでも見当たらないっていうので、Googleフォトでエンジンって検索したら、ボクが撮ったBPエンジンの写真が大量に出てきて、それをパラパラ見てたら1番の排気ポートの上にデカデカとBPと書いてありました
普通ならとてもわかりやすいトコなんですが、旧ボクのNAは冷却水をエンジン後方から抜いて前に持ってきているんですけど、排気ポートの上側はそのパイプの陰になってしまってるので、エンジンルームに横から顔を突っ込まないと見えないので、確かにこれは元々場所を知らないと探し出せないわ…と。そしてその後無事に刻印を見つけ出し、車検は通ったらしいです
しかし、エンジンでググるとエンジン写真をピックアップしてくれるGoogleフォトは便利ですね

エキマニの焼け

先日S2000氏と飲んだ時にエキマニの話しになったんですけど、エキマニが焼けるなんて幻想と言うんですよ。点火時期と燃調とオーバーラップとどれだけ回したか次第だよ…と言うんですが、そんなんで焼ける訳ないよーって感じだったんですね
んで写真を出して来たんですが、10年ほど前のデジカメで薄暗いところで撮った写真なんで、色々崩壊してますが、それでも焼けてるのわかるかな?特に何かを塗ったりせず、むしろ少しの油分でも残っているとムラになってしまうのでキレイに落としてもらってから取り付けてます。ボクに言わせてもらえればエキマニが焼けてないエンジンはピリッとした感じに欠けて音もカッコ悪く、回してもツマラン…と。っていうか昔カリカリにイジって乗ってたモンキーとかエイプに使ってたヨシムラのチタンのサイクロンとかトライコーンの方がキレイに焼けてた気がするけど、材質の違い以外にも、そもそもあれは回して乗る乗り物でしたしね
そんな感じで、紅の豚に出て来たピッコロのオヤジさん風に言うと「だがエキマニのせいじゃない、メカニックがヘボだったからさ!」って感じですね。要は点火カツカツ燃調薄めで小屋が飛ぶくらい回せって話しですよ
しかし今のもっとキレイなデジカメで撮り直したいのが残念でならない