自作PCにHDD追加

久しぶりの自作PCです
先日NASから外した3年前のWD REDの3TB、WD30EFRXを2台なんですが、寝かせていても仕方がないので自作PCに取り付けてみました。最近は内蔵するのはSSDだけで、あとはNASって使い方だったので、PCにHDDを取り付けるのは久しぶり

面倒なのでメイン電源、CPUとGPUしか裏面配線してないんですけど、それでもそこそこキレイに見える裏面配線って素晴らしいなぁ…と
代わり映えしないように見えるかもですが、CPUがE5-2630L v3になってます。キャスター付きのケースと水冷とかSLIが大好物なゲーマーの某友人がRyzen7 1800Xで組んでみたいってことで買い出しから手伝ったんですけど、そのお礼に以前なにかから引剥して放置したままになっていたっていうのの片割れを譲ってもらったのでお試し中です
っていうか別の友人がRyzen7 1700で組むってのも買い出しから手伝い、ボクのRyzen熱も高まってきましたし、物理マシンがもう一台欲しいなぁーってのもあったので$999のスリッパ1950Xを待ってたんですが、出てきてみたらCPUは1ドル=146円でマザーボードも350ドルの物が5万スタートっていう感じで、それなら普通にRyzen7 1800Xを買うとか、スリッパ買うにしろAsk税が掛からない個人輸入するとかすれば問題ないんですけど、見事に出鼻をくじかれたとでもいうのかな?Ryzen7を買う気もスリッパを輸入する気もなくなった感じになってます
ちなみにE5-2630L v3はシングルが遅いけど多コアってのもこれはこれで面白いですね。これで一台組んで2台のRaspberry Piにやらせてる作業とかTS-421、その他諸々のシングルコア性能は問われないけどコア数多かったら良いよねみたいなのをまとめても良いのかもしれない。でも10GbEを使いたいのでハブがもう一声安くなるまで、TS-421やRaspberry Piはそのまま粘りたいんですけどね

S.M.A.R.T.の値
2014年の4月に買ったとは言え、一時は夜間だけ停止させたりとかもしていたので、2台とも積算時間2.7年って感じで千日回峰行とか黄金聖闘士同士のワンサウザントウォーズとか、そんなアレまで20日程度足りないって感じです。っていうかSSDが出るまでHDDは速度目当てで頻繁に買い替えていましたし、IBMがHOYAと組んで作ったガラスプラッタのDTLAとか、WD Greenみたいな即死する酷いのを除き、壊れるまで使ったことがないので、3年持ったHDDがいつ壊れるのかは気になりますし、壊れるまで使ってみたいですね
ディスク1

ディスク2
どちらも同時に購入し、一緒にTS-269Proに取り付け、今回初めて外したんですけど、ディスク1と2で電源投入回数が13回と使用時間が500時間ほど違うのはなんでだろう?

こっちでもRAID1でがんばってもらうつもりです
Windows10の機能でミラーボリューム作りました。簡単に出来ますし、チップセットで行うのよりも故障時の対応もラクなのて良いですね。クイックフォーマットで済ませられずに、8時間だか9時間ほど長々とフォーマットしないとなのが唯一の欠点かな

一応ベンチマーク。本家のCrystalDiskMarkですが、奥ゆかしい回転数な上に、フルSSD環境になれちゃったボクには実用でも遅く感じる…っていうか、LAGを組んだNASより遅い気がするんですけど、使う予定もないのでなんでも良いですね
単体

RAID1
単体のベンチマークとほぼ変わりませんね…。WriteはまだしもReadは2台から読めるはずなので速くなってくれると嬉しいんですけど、まぁ仕方ないですね