Air1+Di700Aを買ってみた

アレやらコレやら売っぱらって、防湿庫もスッキリな上にお小遣いがウハウハになったボクです
そこでi60Aだけでは光が足りない…ってのがあったので、Air1とDi700Aのセットを買ってみました。ぁ、i60Aでは光量が足りないとかではなく、室内で使う時にもっと光が回って欲しいので光源が複数欲しいなぁ…みたいなそんなアレです。あぶく銭ゲットしたからそれくらいなら使っても良いかな?って感じで買っちゃいました

写真の左がスピードライトDi700A、右の小さいのがコマンダーことAir1、奥のがDi700Aのソフトケースです。Di700Aは200mmでGN54、35mmでGN28でワイドパネルやキャッチライトパネル付きって感じ、モノとしてはキヤノンの430EX III-RTよりちょい強いって感じですかね?
Air1はスピードライトを3グループで合計21台までコントロール出来るコマンダーです。奥にあるソフトケースはDi700A用で、Air1は入れられませんし、クッション性はあるんですがペラくてちょっと安っぽいかな。でもSONY純正ではコマンダー単品で3万オーバーなところを、Nissinだとコマンダーとスピードライトがついて29,700円ですし、チャージ音も賑やかなんですが、それくらいは目をつぶっても問題ないかと思います

電池はDi700Aが単3が4本をマガジンに入れて取り付け、Air1は単4が2本をそのまま差し込む感じです。マガジンなのは良くも悪くもですかね。大量に電池を消耗する使い方をするならスペアマガジンも買って積極的に活用する方が便利だとは思いますけど、ボクはそこまでじゃないのでマガジンじゃなくても良いかな。でもマガジンで困るってことも特に無いので、どっちでも良いですね

大きさはそれぞれこんな感じ
左から先日買ったi60A、今回買ったDi700A、α7RII+FE55F1.8ZAにAir1を取り付けたもの。i60Aのコンパクトっぷりが目立つかな、っていうかi60Aとっても良いですよ。Di700Aを買い足しといて言うのもアレですけど、i60Aが素敵すぎてDi700Aをオンカメラで使うことはないんじゃないかな、そしてSONY純正のスピードライトも出番はないなぁ…的な感じですかね

i60AとDi700AとAir1をペアリングをし、ボディのストロボ設定をワイヤレスにすれば、こんな感じでとても簡単にAir1から制御出来ます。Air1でAを1/32、Bを1/16にしてますが、スピードライト側の液晶をよく見てもらうと、Aにしたi60Aは1/32、BにしたDi700Aは1/16にそれぞれなってるのが見えるかなーと。ちなみにセットで買ってもペアリングはされていませんが、とても簡単にペアリング出来るので、そこは問題ないかと思います。詳しくは取説をどうぞ
写真ではマニュアルになってますが、TTLでもここから調光補正出来ますし、スピードライトのズーム機能もここから制御出来ます。とても便利

対応機種はこんな感じ。α7/9系は全ての機種で使えますね。CyberShot系でもRX1 / RX1RM2と、RX10 / RX10M2 / RX10M3、あとHX60Vには対応していますが、マルチインターフェースシューは載っていてもRX100M2には非対応みたいです、危うくRX100M2をまた買うところでしたよ。SONY純正のスピードライトも揃ってきましたし、RX100系でもまたマルチインターフェースシューを載せてもらって、あわよくばAir1が対応してくれると嬉しいですね

ちなみにi60A, Di700AともSDモードことデジタルスレーブモードではプリ発光をキャンセルして発光、SFモードことフィルムスレーブモードにすればマスターストロボに合わせて発光するので、G9X Mark2本体のスピードライトをマスターにして、それぞれをスレーブにすることも出来ます。G9X Mark2側のスピードライトがオートならSDモード、G9X Mark2側のスピードライトがマニュアルならSFモードですね。ただG9X Mark2のスピードライトは首が振れなくて被写体に直射してしまうのは少し残念かな?まぁその辺りは仕方ないですけどもね

お約束の写真