ニッシンジャパンのYoutube

スピードライト初心者のボクです
写真を撮るのが上手い人の何が上手いってスピードライトで光を上手く作れてることですよね。ボクは自然光で光の向きが良い感じの時や、曇で良い感じに光が回ってくれている時なら特に問題なく写真が撮れているんですけど、相手が自然の光なだけに、毎度上手いこと光があるわけでもなく、レフ板を構えてくれる助手もいないのでスピードライトを使うわけなんですが、スピードライトを変な感じで焚いてしまって光が不自然すぎてHDRか合成したみたいな写真を量産した中に、なんかよくわかんないけど上手いこと撮れた写真が混じってたってレベルなんですね。これをこうしたから上手く撮れたんだよ!って感じにはなんないというか…、機材の邪魔をしないように適当に設定したおかげて上手く撮れてたのが混ざってるってだけなんです

は?スピードライトって暗すぎてどうしようもない時に適当に炊くだけだろ?って感じかもですが、それもスピードライトの一つの使い方ではあるけど、明るいけど光がキツすぎて残念って時ほどスピードライトが必要というか、そういう時ほど上手い人はスピードライトを上手く使っていて、光を上手く作れているので、その他の人と写真に差が出やすいと思うので、ボクもそういう時に自在に狙った写真を撮れるように勉強中なんです。LRやPSでがんばっても良いんですけど、元画像が良い方が仕上がりが良く出来ますしね

そんな感じでスピードライトの使い方をお勉強中なのですが、ニッシンジャパンのYoutube動画がとてもわかりやすかったのでご紹介しようかなーと。スピードライトって暗すぎてどうしようもない時だけ炊くもんだろ?って人にはとても参考になると思いますよ。とりあえず2本張っておきました。2本合わせても10分で見れますので、ぜひどうぞ。他にもCP+でチャーハン撮ってるのとか面白かったですよ、ニッシンさんのチャンネル見てみてください

第10回 日中シンクロ基本編

第11回 日中シンクロ応用編(屋外)